ADHDのある人は忘れ物・なくしものが多い 原因/脳の機能の偏り

スポンサードリンク



ADHDのある人は忘れ物・なくしものが多い

ADHDのある人は忘れ物・なくしものが多い 原因/脳の機能の偏り

私は忘れ物が非常に多いです。運転免許は6回もなくしていますし、財布を忘れたまま家を出ることが多い。スマートフォンを電車の中に置き忘れることも何回もありました。しかも、それがどこでなくしたか、忘れたのか覚えていないのです。

私は、現在、診療内科でADHDという診断がつきましたので定物管理(決まった所に決まったものを置く)をしているのでものを忘れたりなくしたりすることは少なくなりましたが・・)

私のようなADHDのある人はなぜ忘れ物やなくしものが多いかというと、ワーキングメモリの未発達が原因だそうです。

忘れ物や失くしもの、本来しなければならないことを忘れて別なことをやってしまった例

  1. 私はいま、職業訓練を受けている傍ら、土日祝日にレンタカーの受付のアルバイトをしています。朝6時出勤です。朝家を出るとき、財布を忘れないようにズボンのポケットにきちんと入っているか、普通の人ならすると思いますが、私の場合、遅刻しないように早く家を出なきゃということに意識が行き過ぎて財布のチェックをしないまま家を出てしまいます。
  2. 出勤途中に時間が迫っているのにコンビニに寄り、タバコを買い、目についた雑誌を立ち読みしたりしてしまいます。このように、本来しなければならない作業や動作を、新たな刺激に追われ忘れてしまうのです。
  3. このブログを書いているとき、記事を書くことに集中できず、テレビを見てしまったり、インターネットの面白い情報が目に留まると、そちらのほうに意識が飛んでしまい、全然ブログを書くことに集中できない。
  4. 仕事の帰り、今日は早く帰って早く寝ようと思っていても、パチンコ屋の前を通るとどうしてもやりたくなってパチンコをやってしまい大損する

ADHDのある人が忘れ物・なくしものが多い原因/脳の機能の偏り

情報を的確に認識し、状況に応じて適切な行動を取るようにしたり、注意力をコントロールする脳の前頭前野と呼ばれる部分の血流量がADHDのある人は通常の人よりも少ないので、ワーキングメモリの未発達や、集中力の維持、感情の抑制、計画性などが弱くなります。

片付けられない女性というのが話題になりましたがここに出てくるような片付けられない女性は、掃除しようと思って掃除を始めても何か他の事に気を取られて全く掃除が進まないのでしょう。たとえば掃除をしていたら懐かしいアルバムが出てきた。しばらく聞いていない音楽CDが出てきた。ちょっと聞いてみよう。こうなると掃除なんてそっちのけで音楽を聴くのに夢中になってしまう。本来の掃除という行為に戻れずに一行に作業が進まないのです。掃除しているという行動の記憶がワーキングメモリの未発達によって定着されないのでしょう。

このように、刺激に弱く関心の対象が移りやすいので、いつまでも掃除が終わらず、部屋は汚いまままです。

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索