ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う

スポンサードリンク



ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う

ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う

このブログを書いている私は、コミュニケーションは普通に取れます。社交的で明るく職場や学校などで一緒になったら共通の話題を見つけてすぐにかよくなれます。コミュニーケーションを取りずらいアスペルガー症候群の人よりもずっといいとと自分でも思っています。

しかし、意識しないでいると、人の話を最後まで聞かず自分の話したい事をべらべらと話してしまいます。話すことに夢中になってしまうのです。

しかし、最近は、発達障害と診断されたあと、ストラテラというADHDの治療薬を毎日朝に規則正しく服用していますし、「自分の話したい事をべらべらと話す」ということは少し少なくなりつつあります。きちんと相手の話を最後まで聞いてから話すということを意識的に行えるようになりました。

参考記事

ADHDの治療を始めて劇的に良くなった! どう変わったか?

アスペルガー症候群の人はコミュニケーションがとりづらい

私の父親はおそらく自閉症か、あるいは強度のアスペルガー症候群だろうと思います。

ケース/父親/アスペルガー症候群

僕の父親も典型的なアスペルガー症候群か自閉症です。家族の中でも孤独で会話をしようとせず、息子である僕に対して全く無関心です。そして、自分の趣味の話を延々と話し、会話が一方通行で話のキャッチボールが出来ません。そして吃音症です。

言葉を発するとどもってしまうし、自分で自分が何を言っているのか分からなくなってしまうらしく、何か言いかけたと思ったら突然黙ってしまう。

また、いつも食事の時、座椅子に深く腰掛けるのはいいが、普通は食べ物が下に落ちないように上体をテーブルのほうに近づけるが、何べん注意してもこれが出来ず、体とテーブルが離れたままである。人がしつこいくらい注意しても、また同じ行動をとる。

全く空気を読めず、その場の空気をわきまえない行動が目立つ。今日も、夕食時、汚い話だが夕食を食べ終わったあと、入れ歯を取り出し、食べかすを取ろうした。その行為によって周りの人(といっても家族。僕と母親)がどれだけ気持ちの悪い思いをするかどうかまるで分っていない。周りの人から見れば本当に接し方に困るのだ。

また、おやじは糖尿病である。糖尿病がひどくなると食欲が落ち、みるみるうちにやせ細っていく。おやじは食事を受け付けないのだが、母親が作った食事を無理やり食って、すぐに吐く。メシが食えないなら今日は食えないと一言言えばいいのだが、全然、、自分の意志を発することが出来ない。

だが、本人に自覚はない。全く暢気なものである。父親の特性はわかっているが、コミュニケーションがとりずらいので、こちらがしてほしい事にぜんぜん応えてくれないのでイライラして本人にたいしてつらく当たってしまうことがある。

私はこの父親より少しはましかもしれません。

ADHDは頭の回転が速い?

ADHDと診断されている私などは、共通の趣味を持った人と話すとき、話すことをたいして考えないでいろいろとべらべら話すことが出来ます。しかし、相手の話を聞かないで一方的に話しているような気がします。このことが「ADHDは空気が読めない」とよく言われる原因だと思いますが・・・

話す内容を対して考えずに言葉がポンポン出てくるのはADHDのある人は頭の回転がはやいのかななんて思ったりもしますが・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク