発達障害や精神障害を抱える方が入社してはいけない会社は面接でわかる。

スポンサードリンク



発達障害や精神障害を抱える方が入社してはいけない会社は面接でわかる。

発達障害や精神障害を抱える方が入社してはいけない会社は面接でわかる。 面接のときに、発達障害や精神障害が発覚する前の職歴にこだわり、「職歴が多いですね」とか「在職期間がどれも短いですね」なんて面接官がいうのはアウト。もし、その会社から採用されたとしても、自分から拒否してしまおう!発達障害や精神障害に理解なし。

そんな会社は発達障害や精神障害を抱える方に偏見を持っている

知人から聞いた話ですが、精神障害者や発達障害者は障害者枠で就労すると、健常者の輪の中に入って仕事をすることになります。
彼らは職場の健常者の社員から偏見の目にさらされて、全く話しかけられらず、孤立してしまったそうです。

しかも、仕事は健常者の社員が嫌がる単純作業ばかり。例えば書類のチェック作業とか、シュレッダー作業とか・・・・

彼らが長く安心して働きたいために障害者枠での就労を目指したのに、逆にかえってストレスがすごいって・・・

この原因は発達障害や精神障害に対して正しい知識がなく、偏見に満ち溢れているからだと思います。なにか怖いものでも見るような感じだったという証言もあります。

発達障害とは無意識のうちに問題行動を起こしてしまう先天性の脳の機能障害

発達障害を抱えている人。みなさん、苦労されています。無意識のうちに社会生活や家庭生活で、問題行動を起こしてしまうのです。本人はごく普通にやっているつもりなのです。しかし、他の人から見れば、迷惑な事になってしまい、 普通の人なら想像のつかないつらい体験を強いられています。

発達障害を抱えていて本人が気か付かずに働いても長続きしないのは当たり前!

発達障害を抱えている方は、まだ、学生のうちなら目立たずに済みますが、社会人になったとたん、社会生活において生きづらさを感じるようになります。

●アスペルガー症候群の場合
    空気が読めない

  • 会社、職場のルールに従えない
  • 自分勝手な自己ルールやこだわりがある
  • その場その場の臨機応変な行動が出来ない
  • 会話が成り立たない。会話が一方通行

アスペルガー症候群の場合、これらの問題行動は、本人が意識していないで自然に出てきてしまうものです。

具体例

現在、私は某就労移行支援事業所に職業訓練に通う傍ら、土日祝日にレンタカー店で接客のアルバイトをしています。そこで、気が付くのはあまりにも空気が読めない人が多い事。
アスペルガー症候群かどうかは分かりません。普通の人(健常者)と思いますが、お客様がご来店されているのに接客そっちのけで店内の掃除ばかりしている人、お店にアルバイト人員として来ているのに、お客様が来ない比較的ひまな時間帯の時に、やることなくてお店のパソコンでネットサーフィンばかりしている人、終業時間が1秒でも過ぎたら、他の人が接客しているのにそれに構わず帰ろうとしている人。
こんな人ばっかりです。全く何しにバイトに来ているんだろう?

店長は嘆いていました。

「業務に関係ない目に余る長時間のネットサーフィン、スマフォの閲覧が発覚したら即刻解雇」という張り紙が張られていました。

健常者でさえこのありさまですから、アスペルガー症候群の方は、もっとひどいです。このように、空気が読めず職場に迷惑を及ぼすのを無意識にしてしまうのです。

企業側は空気を読めず役に立たないアスペルガー症候群を抱える方を戦力とは見なさず、解雇されやすい存在と言えます。

●ADHDの場合

注意力足りない

  • とにかく焦ってしまう。
  • 分からないことがあるとパニックになる
  • 興味関心のないものに対して注意を払わない
  • やることがたくさんあると何から優先していいか分からなくなってしまう
  • マルチタスクが苦手
  • ADHDの場合、空気は読めます。その場に即した行動をとることは出来ます。しかし、致命的な欠点があって、とにかくミスが多いのです。

    この特性のおかげで普通の人に比べ解雇されやすいのです。

    障害者枠で就労活動するときは職歴を問わず現在、努力していることを評価してくれる会社を選べ!

    職歴の多さや、在籍期間の短さにこだわる会社には入社しないほうがいいです。

    ベストなのは、発達障害を認知して、それを軽減する努力をしたり、配慮事項を申し出て、それをきちんと理解して受け止められるような会社がいいと思います。そのような会社に巡り合うには、やはり数多く応募して面接をこなしていかなければわかりません。

     
    発達障害や精神障害を抱える方が入社してはいけない会社は面接でわかる。発達障害のいいところ

    スポンサーリンク
    スポンサードリンク



    スポンサードリンク



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサードリンク