発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

スポンサードリンク



発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人は仕事の段取りがうまくいかず、次に何をしていいかわからなく時があります。そんなときは、「メモ魔」になればいいのです。

これは別に発達障害がある人に限ったことではありませんが、発達障害のある人に顕著なことです。

スポンサーリンク

メモを取る意味

ただ書くだけ、メモを取るだけが目的ではない。指示されたことを確実に実行するための道具である。

メモ帳と筆記用具をいつも持って、上司から仕事の指示ややり方を聞いたとき、また、分からない事を聞いたときは常にメモを取れる様にする。

メモを取るのは記憶に残すため

口頭での指示をメモを取らないで聞き流していると記憶に残りません。

あいまいな記憶に頼って仕事をすることになりかねません。

その結果上司の指示と違うことをやってしまってやり直しなんていうことになリます。

今通っている実習先では「どんどんメモを取れ」と言われます。そのために社員は必ずメモ帳とペンを業務中に携帯していなければなりません。

上司の立場からメモを取って仕事をする部下は優秀。
上司の立場から見て部下が指示されたことと違うことをやっているのはメモを取らなかったから。
人間の記憶力なんて曖昧

仕事の指示は口頭で行われる場合が多いです。口頭だから、よほど記憶力に優れている人ならメモををらなくても言われたことを覚えていられます。しかし、たいていの人間は言われたことはそれほど記憶にとどめることができません。よほど親切な上司じゃない限り、わざわざ仕事の指示をわかりやすく書面を作って部下に渡す上司なんてそんなにないのです。文書なんて作ってる時間的余裕もない。

仕事はチームワーク

部下を持っている上司は部下を使って組織として目標を達成する義務を負っています。

部下は上司の指示をきちんと守って業務を行う義務を負っています。
メモを取らなかったばっかりに、上司に確認をすることなくあいまいな記憶に頼って個人の勝手な判断で仕事をされたら上司はたまったものではないでしょう。

作業指示の受け方 メモの要点

作業指示の受け方
  1. 名前を呼ばれたら「ハイ」と元気よく挨拶して、メモとペンの用意をする
  2. メモを取りながら、最後まで聞く

3W1Hの法則

分からないことは質問してさらにメモする

上司から受けた業務の指示で分からないことがあったら遠慮なく質問することが大切。

部下にとって仕事は分からないことがいっぱいです。分かららないことがあって当然。分からないことがあるのは恥ずかしい事ではないのです。

分からないまま放置して作業を進めてしまうのが問題なのです。上司に分からない事を聞いてさらにそれをメモすることが大事です。仕事の正しい手順の再確認にもなりますし、記憶の定着にもなります。

最後は「復唱」すること

最後に必ず「復唱」をしてください。復唱すつことによって、上司から頂いた業務指示の最終確認をする事ができます。

アスペルガー症候群の人はメモを取るのが特に苦手

発達障害の中でも、特にアスペルガー症候群の方は、メモを取るのが苦手だと言われています。

アスペルガー症候群は行動の同時進行が出来ない、あるいは苦手です。

メモを取るという行為は、「話を聞きながら、メモを書く」という二つの動作を同時進行させるわけです。マルチタスクが必要な動作と言えます。ところが、発達障害、特にアスペルガー症候群のある人はこれが出来ません。

ひどいアスペルガーの私の父親なんて、メモを取るのを見たことがありません。それどころか、電話を取ることもできません

発達障害の人がメモを取るには?

発達障害(特にアスペルガー症候群)のある方は、メモをとるのが苦手と言われています。それは「言っていることをすべてメモしよう」と考えてしまうからだと考えられます。メモを取るのはなにも全部は必要ありません。要は要点だけメモをすればいいのです。

メモの要点
  • 何を
  • いくつ
  • どのように
  • いつまでに

メモを取る際は大事なことを逃さないということです。

まとめ メモを取るというのは社会人として当然のこと 発達障害といっても工夫をすればいくら苦手でもメモを取れる様になる。そして、普通に仕事ができるようになり、人間関係もうまくいくようになる

参考記事

上司の指示はメモをとる

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク