誰でもなる恐ろしい精神障害 ストレスに耐え切れず精神障害を発症する

今は我々庶民にとって実に厳しい世の中 ストレスだらけ

誰でもなる恐ろしい精神障害 ストレスに耐え切れず精神障害を発症する

現在は、とてもストレスの多い社会です。私は生まれつきの障害である発達障害でありますが、実は今まで何でもない人が、あまりにも現在のストレスに耐え切れず精神障害を発症するケースが増えています。

スポンサードリンク



誰でもなる恐ろしい精神障害 ストレスに耐え切れず精神障害を発症する

私は現在、精神障害や発達障害者を対象にする就労支援施設に通っていますが、そこで感じる事は、統合失調症、双極性障害、躁鬱病など、今までなんでもなかった健常者の方は突然、何の前触れもなく発症してしまいます。ほんとに怖いですね。現在通っている人も生まれつきの精神障害を患っている方も数多くいらしゃいますが、以前はなんでもなかった人が生活上のストレスによって突然精神障害を発症してしまった方がかず多くいらっしゃいます

健常者が精神障害を患ってしまうと仕事に支障をきたします。躁(そう)の場合、やたらと活動的になるし、双極性障害の場合、夜に全く眠らなくても大丈夫になるのだそうです。眠らないから睡眠不足でで精神的・肉体的に疲れが取れず翌日の仕事に支障をきたします。またやたらと他人に対して攻撃的になります。こうなると対人関係に悪い影響を与え会社において悪いイメージを持たれかねません。そうなると最悪の場合解雇され、貧乏まっしぐらです。

発達障害者は生まれつきですので、まあ少しは致し方のない所がありますが、今までなんともなかった健常者の方が、精神障害を発症いたしますと本当に厄介です。躁鬱を主症状とする双極性障害は、うつ状態の時は、体もだるくなり何をする気持ちにもなれずにまるで死人のようになってしまうといいます。私は双極性障害の当事者ではありませんからよくわかりませんが。

健常者が発症する可能性の高い「双極性障害」とは

現在、ストレスに耐え切れず、普通の人が「双極性障害」を発症するケースが増えています。真面目で責任感が強く、几帳面な人がなりやすいといわれています。

双極性障害とは鬱(うつ)状態と躁(そう)状態を繰り返す精神疾患です。自殺リスクが高く自傷リスクも高いのが特徴です。その他の精神疾患を併発する場合も多い。(薬物依存、不安障害など)

躁状態

躁状態になると、気分の異常な高揚が続く状態です。初期は明るく開放的で、周囲の人は何も気付かない場合が多い。が、症状が悪化するとイライラして怒りぽくなります。本人にしてみれば非常に気分がいいのでしょうが、周囲の人、あるいは社会的に様々なトラブルを引き起こします。

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索