ADHDの特性②衝動性 欲求をコントロールできない 今やりたいことをやる

ADHDの特性②衝動性 欲求をコントロールできない 今やりたいことをやる。

ADHDの特性②衝動性 欲求をコントロールできない 今やりたいことをやる。

ADHDがあると、欲求をコントロールするのが難しいです。難しいというよりできないといってもおかしくありません。後先考えず、今やりたいことをやってしまう。欲しいと思ったら何が何でも手に入れたいと考える。
インターネットをやり始めるとはまってしまってやめられなくなってつい夜更かしをしてしまう。ゲームをやり始めたら面白くなってとことんまでやり詰める。こんな経験はありませんか?

このような傾向があったらADHDの疑いがあります。

ADHDは何かに依存しやすい>

ADHDがあると、買い物やゲームにはまってしまうのですが、これだけで済んでいるのならまだいいです。

タバコやお酒に依存して健康を害するケースが多いのです。

私などは、お酒はやりませんが、タバコはやめられません。1日に1箱は必ず吸ってしまいます。タバコが健康に悪いということは十分に承知していますが。
少しなら大丈夫という甘い考えがあるかもしれません。ギャンブルも同様です。

ADHDは結果をすぐに求めたがる

ADHDがあると、結果をすぐに求めます。

私の事でいうと、株式投資で利益を求めますが、たいした研究や勉強もぜず、行き当たりばったりで適当な銘柄に投資し、大幅に下がって滅茶苦茶に損するのが嫌だからすこしでも存したらすぐに売ってしまいます。そんな繰り返しだから絶対に儲かりません。

やはり、結果を求めてすぐに行動してしまうのはADHDの衝動性からくるものですね。

パチンコや競馬もそうです。ギャンブルで簡単にお金を得られるわけはありませんが、わずかな期待をもってやってしまいます。ギャンブルなんで絶対に損するようになっているんです。

ADHDは先走る?

ADHDがあると先走ります。やりたいという欲求が止まりません。

現在、私は職業訓練を受けていて、いろいろな訓練課題をこなしています。でも、困ったことに、作業指示を頂いてもどのようにやるのか大した確認をしないまま作業を進めてしまいます。

私の「衝動性」の特性が一番如実に出る事例を挙げます。

私は、ワードやエクセルなどのオフィスソフトで文書を作成するのが大好きです。

たとえば仕事で「何か文書をつくれ」という指示が出ます。

デザインやレイアウトなどわりとアイディアがポンポン浮かんできてすぐに実行してしまいます。

指示を受けた上司に「どのようにやるのでしょうか」と確認しないまま自分の感性で暴走してしまいます。
その結果、上司の意図とはまったく異なるものとなりやり直しなんてことがたびたび起きます。

衝動性「先走る」を防ぐ手段

仕事でこのようなことがたびたびあったら大変です。上司や同僚から信用されなくなります。このような事態を防ぐ手段として
私なりの工夫をしました。

指示を受け作業を開始したら早い段階で確認致します。
また、不明点があれば遠慮なく報連相致します。
また、メモをきちんと取り、復唱致します。

これは、仕事でも家庭でもできる事だと思うのですが、皆さんどうでしょうか?

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索