発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?当事者の立場から考える

こんにちは!ADHDのダイスケです。

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?

今回の記事は、私のような発達障害のある人は親や友達、会社の人たちなど周りの人からどのように接してもらいたいかを当事者の立場から考えていきたいと思います。

発達障害には学習障害ADHD自閉症スペクトラム障害広範性発達障害の3つのカテゴリーがあります。

それぞれのカテゴリーで、周りの人がとるべき当事者への接し方が変わってくると思います。

スポンサードリンク



発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?

発達障害を抱える人に対して周りの人ばどう接していいか分からない

私の場合は、発達障害ADHD及び広範性発達障害と診断されたのが2015年の事で、45歳の時でした。それ以前は、先天的な発達障害だったのですが、発達障害などという言葉も概念も知らず、自分の性格のせいだと思っていました。

幼少期の時は私はどちらかというと自閉傾向が強く、「自閉症スペクトラム」の特性が顕著でした。もちろん何事にもだらしのないADHDの特性もありましたが。

このブログで何度も書いていますが、家に閉じこもって電車の絵ばかり書いていて友達のいない孤独な幼少期を過ごしてまいりました。

また、母親に依存していたので、少しでも母親が近くにいないとすぐに癇癪をおこしてぐずったり、パニックを起こして泣き叫んでいたそうです。

学校での自分の好きな教科は社会科で、そればかり勉強していて、嫌いっていか全く興味のなかった算数や理科については全く勉強しなかったため、いつも通信簿の成績は社会は「A」、算数や理科は「C」でした。(当時はA,B,Cの3段階評価)

また、片付けが苦手で、着ていた服は脱ぎ散らかし、部屋や学校の机の中は収拾がつかないくらいいつもぐちゃぐやで、他の人から見れば本当にだらしがないと映るでしょう。

自分でいうのもなんですが本当にいい加減でだらしがなかったと思います。

そんな私に対して母親はいつも私に怒鳴りつけていました。まるでのび太君のママみたいに

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?

出典

今からでも遅くはない、厳しい「しつけ」は百害あって一利

私が幼少時代によく母親から怒られた事
  • 「何やってんだ!きちんと片付けろ!」
  • 「全くだらしがない」
  • 「なんで算数とかは勉強しないんだ?やればできるのに」

今考えると親にとってみれば確かに自分の思い通りにならず、自分勝手でだらしのない息子に対して怒鳴りたく気持ちもわかります。

私が幼少期だったのは40年くらい前の話で、当時は発達障害などという概念もあまり知られず、私のような子供は単に「だらしがない」「努力が足りない」「やればできる」などと簡単に片づけられていました。

社会人になっても・・・

社会人になっても、パチンコ癖が抜けなくて、パチンコで借金を100万円ほどつくった事があります。それが母親にばれてしまったのです。

バレてしまったあと、親が立て替えてくれて、仕事で得た給料を少しずつ親に返済していきました。
当時は金銭感覚がマヒしていて、パチンコで2~3万円くらいは使うのは平気だったのですが、いい年してパチンコをしていることが母親にばれると地獄でした。

母親は私に対して怒鳴りつけます。

  • 「あれほどパチンコをやるなって言っているのに何でまたやるんだ!!」
  • 「何回言っても分からない!!」
  • 「出ていけ!!」
  • 挙句の果てには

  • 「どこかに行って死んで来い!!」

ひどい言われようです。ところが当の本人からしてみれば、親の怒り・怒鳴りなど右から左です。早くこの嵐が収まらないかなあと我慢して母親の機嫌が直るのをひたすら待つだけです。

しかし、母親はしつこくていつまでも怒り続けています。そうなると私は逆ギレし、母親に対して怒鳴り返します。

  • 「うるせーな わかったよ!」
  • 「パチンコなんて二度とやらねーよ」
  • 「もうわかったからもう怒るな!」

しかし、私は自閉傾向があるといっても、今でいう軽度のアスペルガー症候群なのでしょう。母親の言っている言葉の意味も理解できるし、自分が怒られているのかという意味も分かります。

母親からしてみたら、あくまで普通の人間の普通の常識で私の将来を思って怒っているのでしょう。

パチンコなんかしていたら、自分の金がなくなるだけでなく、借金に手を出し、膨れ上がって首が回らなくなり、自分で返せなくなり、更には借金の返済のために窃盗や強盗、強盗殺人などの重大な犯罪行為に及んでしまうという事を心配しての事でしょう。

しかし、母親はいったん怒り出すとなかなか収まりませんので、私は母親が怖くて仕方がありませんでした。

しかし、そんなに強く怒られていながら、自分でいうのもなんですが自閉症スペクトラム障害があると、普通の人が良くないと思う事でも正当化してしまうのです。自分ではパチンコはストレス解消のためにやっているのであって、他の人に迷惑をかけているわけではない。「自分の金が増えたり減ったりするだけだ。」と。

母親の強い叱責も結局は意味もなく、ただ母親に対する恐怖心を植え付けられたにすぎません。

パチンコの持つ「運が良ければ簡単にお金が手に入る」魔力に取りつかれ、パチンコを止められませんでした。

今度は「いかにして母親に見つからずにパチンコをするか」というように行動するようになりました。ところがカンの鋭い母親は、私がパチンコをしていた事を嗅ぎ取り(タバコのにおいでわかるそう)そしてまた、母親に見つかりこっぴどく叱られるのです。しかし、また同じように、母親の機嫌が直るまでひたすら我慢。怒られている内容はひたすら聞き流します。「あ~あ、また怒られた。早く機嫌がなおってくれないかな」

このブログを読んでいる方は「いい年した大人が何をやっているんだ」と思われるかもしれませんが、当時の私は自分の行動や欲望をコントロールがうまくできませんでした。

現在は、発達障害と診断されて、きちんと投薬治療も行っていますから、そうした衝動的な自己破滅型の行動はしなくなりましたが。

発達障害は脳機能障害 当事者の努力や親の叱責でどうにかなるものではない

自閉症スペクトラム障害がある人の全てがそうであるとはわかりませんが、私の場合、普通の人の常識では考えられない、非常識な「自分の世界・自己解釈」があったような気がします。例えば学生時代にやっていたバイトを「かったるいから行きたくない」と勝手に無断欠勤したり、ゴルフ部の会合にわざと行かなかったり。

こうした自分勝手な自分の世界がありそれが顕著になると対人関係に重大な破綻を招くことになります。つまり誰からも相手にされなくなったり、信用されなくなります。

自閉症スペクトラム障害というのは、アメリカの小児精神医レオ・カナーが提唱した「言葉の遅れ」「対人関係の障害」「こだわり行動」という行動特性を持つ障害の総称です。決して珍しくはありません。高機能自閉症やアスペルガー症候群をこのカテゴリーに含めると全人口の2%はいるといわれています。

詳しい事はまだわかっていませんが、自閉症をはじめとする発達障害は先天的(生まれつき)の脳機能障害です。したがって、当事者の努力しだいでなんとかなるものではなく、まして親や仕事先の上司や先輩から「努力が足りない」「だらしがない」「なんとかしろ」と言われても本人にとってはどうにもならないのです。

親の厳しい叱責は子供にとって意味はない。逆効果である

私のように幼少期に怒られてばっかりいた人はどう育つのか?

子供が自分の思い描いている通りにならないと怒ったり、怒鳴ったりしたくなる気持ちもわかります。しかし、度をすぎると子供にとって良くはありません。

子育てというのは実に難しいと思うのですが、私の場合、子供はいませんので私の幼少期の経験談で書きますが、私にとっての幼少期は母親から怒鳴られたり、怒られたりした記憶しかありません。ただ、母親に対する恐怖心が植え付けられただけです。

親が子供に対して怒鳴り散らすのは、身体的に暴力をふるうのと同じだと思います。ものすごい精神的ダメージを与えます。ただ私の場合は、怒られ慣れしてしまって母親が起こっている話の内容をまともに聞いていませんでしたが。

どんな子供でも、親は絶対的な存在です。逆らえません。親に嫌われたくないという気持ちが働きます。おそらくどんな子供でも親から怒られているときはおとなしく聞いているでしょう。

しかし、おとなしく見えていても実は萎縮しているのです。

怒られることや怒鳴られる事が日常的に続くと子供はどうなるか?子供はいつ親に怒られるか、怒鳴られるかびくびくしながら毎日を過ごすことになります。

こうなると、親だけではなく周りの全ての人に対して顔色を窺うようになります。そして自分が何事にも自信がなくなる。つまり自己肯定の弱い人間になってしまう恐れがあります。

日常的に親から怒鳴られるのが子供にとって精神的によくないというのは全ての子供に共通して言える事です。これは発達障害の特性をもたない健常者の子供も同じです。まして、行動や欲望の自己コントロールが難しい発達障害のある子どもに対してはなおさらです。発達障害のある子どもは、親から怒鳴られたり、怒られたりしなくてもただでさえ自己肯定感に乏しいのですから。

スポンサーリンク

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?当事者の立場から考える

我が子が発達障害だと子育てに苦労する

発達障害のあるお子さんがいると、親御さんは子育てするのに相当苦労すると思います。

発達障害があると、強いこだわりがあったり、何か気に入らない事があったりするとすぐに癇癪を起したり、パニックになったり、落ち着きがなかったり、落ち着きがなかったり、意思疎通が難しかったりします。

発達障害ではない普通の人の感覚からすれば、まるで言葉の通じない外国人の子供と接しているかのようだと思います。接していくと、親のいう事を全く聞かず、自分勝手に動いている我が子に対してどのように接していいのかわからないと思いますし、イライラして思わず怒鳴ってしまいたくなると思います。

また、子供の前では言えないが「なんでこんな障害のある子を産んでしまったか」という罪悪感に苛まれることもあると思います。

私の母親は私の子育ては相当苦労したと思います。(こんな時に普通の家庭ではお父さんが頼りですが、うちでは肝心の父親が結構思いアスペルガー症候群ですので、私への育児への関心は全くありませんでした。そのため、母親にかかる負担はものすごかったと思います。

幸いにして現在は昔と違って発達障害に対する世の中の認識が高まっていますので、いい機会だと思います。

私の場合はもう手遅れですが、現在幼い子供さんがいる親御さんにぜひ参考にしていただきたいと思います

今の日本はまだまだいろいろな事が普通に出来る人を求めている定型発達者優位の世の中です。出来る事と出来ない事の差が激しすぎる発達障害のある人は日本の社会において敬遠される傾向がまだあります。

ですが、発達障害をきちんと理解して、個性があっても社会性がきちんとあって世の中で通用する人間にするのも親の務めです。これは親の接し方次第で変わってきます。

発達障害を抱える子供が親にこう接してほしいと求める事

発達障害を抱えるお子さんはきっと心の中でこう思っているでしょう。

         

  1. 発達障害を理解して!
  2. 発達障害のある子供自身が、発達障害を認識できるわけではありませんので、親御さんや周りの大人が発達障害についての正しい知識をきちんと身に着けるという事が大事だと思います。

  3. 「やれば普通に出来る」「普通にやれ」というのはやめて!
  4. 発達障害があると、普通の子が普通に出来る事が出来なかったりします。学校の成績にしてもそうです。発達障害のある子はこだわりがあり、興味の幅が限定されているので、興味がわかない科目は全く勉強しなかったりします。反対に好きな教科ばかり勉強してその教科だけはめちゃくちゃ良かったりします。

    人によって好きな科目が違うと思いますが、社会科だったり、国語だったり、算数だったり。

    それに対して発達障害ではない普通の勉強のできる子はどの科目もまんべんなく勉強したりします。

    親御さんは普通の子がまんべんなく勉強ができるからといってそれと同じように発達障害のある子に求めてはいけません。興味のあること、ない事があるのです。興味のある科目を一生懸命勉強していたらそれを一緒になって伸ばすようにしてあげましょう。

    「勉強すればどの教科も普通に出来る」というのは、発達障害のある子に対しては禁句です。

  5. いいところは褒めて
  6. 発達障害のある子は出来る事と出来ない事の差が激しいです。凸凹です。理解のない大人たちに普通の子と比べられて「他の子は出来るのになぜ出来ないの?」と責められる事が多いです。ただでさえ自分に自信のないのにますます自己肯定感が乏しくなります。

    とにかく何でもいいので「出来る事を褒める」事で少しでもお子さんは自信がついてくると思います。

  7. 怒る前に深呼吸して
  8. 意思疎通が難しい我が子に対してついイライラして怒鳴ったり怒りだしたりする気持ちもわかりますが、その前に深呼吸してみると、人間の行動を活発にしてくれる交感神経の働きを抑えて落ち着く事が出来るそうです。

  9. 子供の興味のあることを大人の尺度で否定しないで
  10. 私には小学3年生の甥がいます。(弟の子)この可愛い甥っ子は発達障害かどうかは分かりませんが(おそらく定型発達です)子供ならではといいますか、いろいろなものに興味を持ちます。恐竜とか、電車とか、動物とか。図鑑なんかで恐竜に興味を示して、恐竜の種類をほとんど全部言えるそうです。

    なかには、そんな学校の勉強と関係ないこと、勉強したって無駄だろうと考える方もいらっしゃると思いますが、そのような常識的な狭い考えが子供の成長を阻む原因となると思います。

    そうではなく、学校の勉強も大事ですが、学校の勉強以外に興味を持ったことを親が楽しむくらいの気持ちで一緒に付き合うくらいの気持ちでいた方がいいと思います。

         

  11. 怒鳴るのではなく叱って!叱るときは簡潔にね!
  12. 怒鳴るというのは、ただイライラした気持ちをぶつけているだけです。私の母親もすぐに怒鳴ります。これでは、子供に親に対する恐怖心を植え付けるだけです。

    でも、子供に適切な行動を取ってもらうには叱ることも大事です。叱るにしても私の母親のようにだた感情のなすがまま、怒りが収まるまで怒り続けるのは、子供にとって絶対に良くありません。叱る時は簡潔に、短くです。

    これは別に発達障害のある子だけでなく、普通の子(健常者)にとっても同じだと思いますが.

         

  13. 叱る時は「何がだめなのか」と具体的に言って!曖昧な言葉は使わないで!
  14. 発達障害のある子は、何か注意する時、具体的に言ってあげないと分からない事が多いと思います。

    例えば他の子をたたいてしまった時、「いつも言ってるでしょ?」「なんでそんなことするの?」「やめなさい!」なんて言っても発達障害のある子には自分が何で怒られているのか分かりません。

    「友達をたたいちゃダメ」と具体的に言ってあげる事です。そうすると「友達をたたく事は悪い事なんだ」とわかるようになります。

まとめ

子供さんの個性を認め、大人の尺度で子供と接しないようにお願い致します。「他の子は○○が出来るのに・・・」といった比較はやめましょう。

ましてうちの母みたいに感情に任せて怒鳴ったりするのは良くありません。子供の自己肯定感を育てるのを妨げるだけでなく、人が怖くなり人嫌いが進み、自閉的傾向がますます強くなります。

この記事も併せてお読みください

発達障害ADHDとは何か?能力があっても仕事ができず苦悩する大人たち
職業訓練を終えて就職できた。訓練で学んだ事とは?発達障害者の仕事での生きる道
発達障害に向いている職業ってなんだろう?発達障害には天職がある!

のび太のママは怒りすぎ? 親に怒鳴られてばかりの子どもはどう育つ?

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク