「 発達障害の就職問題 」一覧

配慮される側から配慮する側に 障害者差別解消法で変わる障害者の働き方

配慮される側から配慮する側に 障害者差別解消法で変わる障害者の働き方

配慮される側から配慮する側に 障害者差別解消法で変わる障害者の働き方 障害者差別解消法の施行により、障害を抱える人の働き方も変わると思います。現に私の会社でも、この法律を踏まえた制度改革を実行しており、障害を抱えた人でも、昇進、昇格、待遇などで普通の人と同様になり、働き方にも変化が出てきました。

社会生活では発達障害だからと言って言い訳は許されない。言い訳しない生き方で幸せをつかむ方法

社会生活では発達障害だからと言って言い訳は許されない。言い訳しない生き方で幸せをつかむ方法

社会生活では発達障害だからと言って言い訳は許されない 発達障害があるからといって自分勝手な言い訳は企業で働くうえでは許されません。私は発達障害があっても、言い訳をせずに自信をもって生きていく方法を模索していて、最近そのヒントが見つかりました。自分なりに実践している方法をまとめてみました。

知的・精神・発達障害者を戦力として生かす特例子会社と労働者を飼い殺しにする一般企業

知的・精神・発達障害者を戦力として生かす特例子会社と労働者を飼い殺しにする一般企業

知的・精神・発達障害者を戦力として生かす特例子会社 特例子会社は発達、精神,知的障害を抱える人にとっては、働きやすいといわれていますが、実際に特例子会社で働いてそれを実感しています。特例子会社で働く前に一般企業で働いていますが、企業理念や社員の育成に対する考えに明確な違いがあります。その違いをまとめてみました。

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく? 発達障害がある人は仕事の段取りがうまくいかず、次に何をしていいかわからなく時があります。そんなときは、「メモ魔」になればいいのです。仕事の指示は口頭で行われることが多いです。よほど親切な上司でない限り。その指示を忘れないようにメモを活用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク