「 ADHDの特性 」一覧

ADHDは運動が苦手 ADHDが運動音痴を克服する方法とは?

ADHDは運動が苦手 ADHDが運動音痴を克服する方法とは?

ADHDは運動が苦手 ADHDに限らず、発達障害を持っている人は総じて運動が苦手です。お子さんならばそれが原因で学校でいじめにあう事もあると思います。(私がそうでした)今回のブログ記事では、発達障害を持つ人が運動やスポーツに対して苦手意識を持たないようにするにはどうしたらよいかまとめてみました。

ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う

ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う

ADHDは人の話を最後まで聞いていられない。思いついた事をすぐに言う コミュニケーションは普通に取れます。社交的で明るく誰とでもすぐに仲良くなれますが 意識しないでいると、人の話を最後まで聞かず自分の話したい事をべらべらと話してしまいます。話すことに夢中になってしまうのです。

ADHDの特性③飽きっぽい 刺激がないとダメ  興味がないと眠くなる

ADHDの特性③飽きっぽい 刺激がないとダメ  興味がないと眠くなる

ADHDの特性③飽きっぽい 刺激がないとダメ  興味がないと眠くなる ADHDがあると、刺激に乏しい単純作業がまるでダメ。例えば、伝票にデータを延々打ち込んだり、はがきにあて名書きを書いたり。作業中に何か別なことを考えてしまう。そわそわして集中力が続かない。そこには、好奇心を満たす刺激が必要!

スポンサーリンク
検索
検索