発達障害をもっと評価して応援しよう 伸ばすも殺すも周りの大人次第 | よりよく生きるためにADHDと上手に付き合い幸せになる方法

発達障害をもっと評価して応援しよう 伸ばすも殺すも周りの大人次第

こんにちは ADHDのダイスケです。

発達障害をもっと評価して応援しよう 伸ばすも殺すも周りの大人次第。

発達障害のある人は社会に出たらその特性によって途端に生きづらくなります。しかし、障害と才能は裏表の関係にあるという事は以前の記事に書きました。

発達障害は障害ではなく才能!障害発達障害の素晴らしい才能とは?

私が主張しているのは、そもそも発達障害と呼ばれる非定型発達のデメリットばかり強調し、発達障害のもつ優れた面にもっと注目してほしいという事です。

非定型発達というのは、社会全体の人数の上では少数派です。世間では「普通」とか呼ばれる定型発達の人ができる事を基準にして、発達障害のデメリットを「障害」だの「欠陥」だのという風潮はおかしいと思います。

前回の記事で私はこう書きました。

定型発達の人は運動神経が発達しているのはいいとして、発達障害の当事者からしてみたら、常に他人と併合して、自分の本音を言えない。また、属している集団内の自分の立場をわきまえているからこそ規則を最優先に守るとか、孤独を嫌い、仲間になれない事を恐れるなんて不自由じゃありませんか。一人でも、打ち込めることがあれば孤独でもいいじゃありませんか。

我々、発達障害当事者からしてみれば「定型発達」こそ障害なのかもしれませんよ。

これを公開したところ、たくさんのご指摘を頂きました。「定型発達の人への偏見である
などの厳しい意見もありました。

中にはこんな意見もありました。

障害があり援助、理解を必要とするからこそ便宜、障害と表現するほうが都合が良いのだと思います。

支援が必要でないなら、障害ではありません。

また、発達障害がある方が特出した才能を持っている方がいる事も否定はしません、
ただ、障害のない方々も特出した才能を持っている方がいます。

障害がない、障害があると両極端な思考が差別を生むと私的には考えています。

ご指摘の通り、定型発達と呼ばれるいわゆる「普通の人」「普通の子」でも素晴らしい才能を持った方はいらっしゃいますし、非定型発達の方だけが突出した才能を持っているわけではありません。

したがって、今後は、非定型発達も定型発達もすばらしい能力をもった同じ人間だという意識を持っていたいと思います。

私は、発達障害(非定型発達)と定型発達との区分によって差別意識があったと思います。

定型発達への対抗心  私は努力によって発達障害はダメだと言われないようにしたい。

あるいは、幼いころから発達障害であるが故に周囲の者から受け入れられなかった私の普通の人への対抗心があるかもしれません。

ADHDということもあり、周囲の人から「グズ」だと言われることも多いですが、私はADHDがグズだとは決して思っていません。

理解のない方から遠慮なしに「グズ」と言われることが多いのです。これには私は憤慨しています。

私自身がADHDで、周りからそのように言われ続けてきました。それで非常に嫌な思いをしてきました。

ADHDと診断されて、今現在、どのような工夫をすればグズって言わらないようになるか。就労移行事業所で職業訓練をしていますし、いろいろな本を読んで勉強してきました。悔しいですが、意識を変えて行動してみるしかないと私は思っています。

定型発達と非定型発達の違い

両者の違いは情報処理の特性の違いである
発達障害をもっと評価して応援しよう

そもそも定型発達と非定型発達の違いは視覚や聴覚などから脳に入る情報の処理の対応が違うのです。

いわゆる定型発達は、人に関する情報処理が優れています。例えば、人と会話しているとき、相手の繊細な表情から感情を読み取ることが出来るし、相手の微妙な発言のトーンからその言葉には表れないニュアンスを感じとることが出来ます。

いわゆる「空気を読む」事ができるのです。ですから、定型発達の人は比較的良好な人間関係を保つことが出来るのです。


非定型発達は別の情報処理が優れている

非定型発達にはタイプが3つあります。

  • 視覚空間型
  • 聴覚言語型
  • 視覚言語型

視覚空間型とは、動きとか言葉では言い表せない映像とかの情報を瞬時に処理する能力が高いので、運動神経がずば抜けていいそうです。ボールの位置関係とか動き、自分の体の位置関係などといった視覚空間処理に長けています。直感的ですばやく行動できます。

このタイプには、プロスポーツ選手、音楽家、職人などに多いです。

視覚言語型は、文字や数字や記号、抽象的な概念を処理する能力が高いです。相手の意を汲む必要のある会話は苦手でも、読解力に優れ、多少難しい本や小説でもすぐに理解してしまいます。

このタイプには、学者、法律家、研究者などが多いそうです。

「聴覚言語型」とは、本を読んだりするよりも、会話や講義などを耳で聞いたりする方が頭に入りやすのが特徴です。

発達障害をもっと評価して応援しよう

非定型発達は人が苦手

いずれにしても非定型発達の場合、社会的情報処理(対人情報スキル)が苦手で、相手の感情や会話の微妙なニュアンスを読み取ることがうまくできず、コミュニケーションがうまくいかないのです。

非定型発達で何が悪い!

このように、非定型発達には定型発達にはない特徴があります。

要するに、能力の対象が「人」なのか「物」なのかの違いです。悪くいってしまえば能力の偏りですがよく言ってみれば「才能」ですね。

定型的(いわゆる普通)であるの良くて、その基準からはずれた非定型発達は優れた能力があっても「障害」と言われてしまうのはおかしいと思います。その基準とは「うまくコミュニケーションが取れるか」という事だと思いますが、上手くコミュニーションが取れない人に対して偏見の目で見ないで頂きたい。同じ人間なのです。

発達障害をもっと評価して応援しよう 伸ばすも殺すも周りの大人次第

非定型発達の兆候は幼いうちからはっきりと出てきます。保護者の方や周りの大人の方たちは、その子の興味あることや得意な事を見極め、大きく育ててほしいです。

たとえば、幼いうちから運動が得意で、スポーツ万能。でも、親に対してうまく自分の意志を伝えられなかったり、切れたりする。

そういう子にたいしては、本人が好きなスポーツを決して否定せず、一緒になって練習に付き合ってあげるとか、その子のスポーツの能力を伸ばしてあげてください。決して勉強を強要しないでください。

幼いうちから本を読むのが好きだったら、本をよく読むことを褒めてあげてください。それが才能なんです。ちょっと会話が出来ないとか、意志が伝わらないからと言って、イライラしないで下さい。

発達障害をもっと評価して応援しよう。その子にとって、自分の関心のあることや好きな事を否定されるのが、なによりつらい事ですから