発達障害者の心の叫び 貧乏なので、思わず叫びたくなります

発達障害者の心の叫び 貧乏なので、思わず叫びたくなります

発達障害者の心の叫び 貧乏なので、思わず叫びたくなります

発達障害者の心の叫び 貧乏なので、思わず叫びたくなります。

本当にやってられねえ。金がない発達障害者はつらい。仕事で集中力がないからミスを連発するし、空気が読めないからよく考えずに行動したり相手を怒らすようなことをすぐに言ってしまうから、職場の同僚から白い目で見られる。挙句の果てには仕事のミスの責任を取られすぐに解雇されてしまう

私生活でもつらい

こちらは普通に生活しているつもりなのに。結婚しても嫁からは馬鹿にされ、私には甥がいるが、いっしょに生活していて「甥っ子よりひどい」などといわれる。

義母からは、精神障害者福祉手帳を申請する時、所轄の保健所に申請をしなければならないが、義母は長年その保健所に勤めていてまだ知り合いがいるらしく「身内にそんなのがいると分ってしまうから恥ずかしい」等と言われた。何が恥ずかしいのか。

発達障害者だって一人の人間

普通に働き普通に生活できる。障害者手帳を取得するのにも猛反対された。「精神障害者福祉手帳を取得したら自分が無能である事を世間に公開することになる」などとわけの解らない事を言う。なにを考えているのか。まったく発達障害者に対して理解がなさすぎる。

また、「あんたは、普通の人と変わりないから普通(健常者枠)に就職しなさい」とも言われたが、これは障害者枠で就職すると正社員の募集は少ないし、運よく就労できたとしてもき期限付き雇用がほとんどだ。給料だって少ない。俺はこれでもいい。

だが馬鹿な嫁と馬鹿な義母がこれを許さない。要するに家に金を入れてほしいから給料の安い障害者枠だと、家に入れられる金が少ないから健常者枠で働いて給料を多く貰ってより多くの金を家に入れろということだ。全く自己中心的である。

だから、こんな嫁と一緒に生活したくないから弁護士に頼んで離婚してやった。

弁護士に12年間の結婚生活でずっと人権を無視した屈辱的な暴言を浴びせられたし、発達障害ゆえに仕事でミスをしがちでそれが原因で解雇されたら収入減がなくなり家に金を入れられないとなるとすぐに実家に帰れと言われる。それだけではない。正月、盆、ゴールデンウィーク、月1回の土日も実家に帰れと言われる。実家で生活するその分の生活費は一切もらえない。だから慰謝料600万円を請求した。まあ、けちな奴らで金が命より大事だから取れるとは思えなかったが、ビビったのか金のやり取りさえなければ離婚に応じると言ってきやがった。

こちらには一切落ち度がないのに慰謝料90万円を要求してきた。嫁に対して暴力を振るっただと。暴力を振るった記憶はないし、嫁から暴力を振るわれて応戦し求するなんて異常である。