子供の虐待入院が増えている。子供の将来の精神的悪影響が心配 | よりよく生きるためにADHDと上手に付き合い幸せになる方法

子供の虐待入院が増えている。子供の将来の精神的悪影響が心配

こんにちは!ADHDのだいすけです

子供の虐待入院が増えている。子供の将来の精神的悪影響が心配

7月20日NHKの「クロースアップ現在」で放送されていましたが、いま虐待入院というのが増えているそうです。虐待入院という言葉も知りませんでしたので、そのニュースを興味深く見ていました。

子供の虐待入院が増えている。子供の将来の精神的悪影響が心配

虐待入院とは

子供の虐待入院が増えている。子供の将来の精神的悪影響が心配

虐待入院とは、無責任な親の子供への虐待と育児放棄が増えていて、病院がやむを得ずその様な子供を保護し引き取って長期入院させているという事です。最近そのような事例が増えているそうです。

子供を保護し、引き取った時は、親の子供への虐待の影響により、子供が衰弱しているのですが、入院治療のおかげで子供の病状や精神面で落ち着いて「治療の必要がない」状態になっても、本来の産みの親は無責任で無関心。子供の行く先がない。引き取りに来ない。また里親も容易には見つからない。

病床には治療の必要のない子供がいて独占しているので、病床が不足し、本当に治療が必要な緊急患者などへの対応が出来ないなどの問題が起きているそうです。

病院が児童相談所に子供を引き取るように相談を持ち掛けても児童相談所の方に空きがなくてなかなか引き取ってもらえないそうです。

それにしても、びっくりしました。知りませんでした。可愛い子供にそんなひどい事をする無責任な親が増えているなんて!

こうなると、子供の将来的な精神的悪影響が懸念されます。

育児放棄や虐待がなぜ増えているのか?

以下の表とグラフをご覧ください。

身体的虐待 ネグレクト 性的虐待 心理的虐待 総数
平成18年度 15,364 14,365 1,180 6,414 37,323
平成19年度 16,296 15,429 1,293 7,621 40,639
平成20年度 16,343 15,905 1,324 9,092 42,664
平成21年度 17,371 15,185 1,350 10,305 44,211
平成22年度 21,559 18,352 1,405 15,068 56,384
平成23年度 21,942 18,847 1,460 17,670 59,919
平成24年度 23,579 19,250 1,449 22,423 66,701
平成25年度 24,245 19,627 1,582 28,348 73,802
平成26年度 26,181 22,455 1,520 38,775 88,931
平成27年度 28,611 24,438 1,518 48,693 103,260


年を追って、ネグレスト(育児放棄)、虐待が増えていることが分かります。

このように虐待やネグレストが増えている原因として次の事が考えられます。

  • 貧困
  • 親の薬物の乱用
  • 親のアルコール依存
  • 親の精神障害
  • 育児ストレス
  • 核家族化
  • 親自身がネグレストを受けていた

「貧困」については、日本の社会は貧乏人と金持ちの二極分化が進んでいます。格差の拡大です。富める者はますます富み、貧乏な者はますます貧乏です。

第二次安倍政権はデフレ経済を何とか解消するためにアベノミクスという経済政策を推進していますが、大胆な金融緩和による経済浮揚政策です。

要するに、日本銀行が市中銀行に貸し出す金利を限界まで下げ、企業が設備投資など必要な資金を銀行から借りやすくするようにする経済政策です。こうすると企業の生産活動を活発にするのです。

これによって、大企業は生産コストを下げ、生産量を増やし、売り上げ・利益を上げることが出来ました。

政府が言うには今、空前の好景気だそうです。

しかし、我々庶民はその実感がまったくありません。

なぜかというと、大企業がその利益をすべて吸い取ってしまって、労働者に全く配分しないからです。いくらモノが売れて売り上げが増えても、働く人の給料は全く上がりません。

内部留保といって、全て企業の貯金に回してしまうからです。

ネグレストや虐待は貧困が最大の原因?

私が考えるには、この貧困がネグレストや虐待が増えている一番の要因ではないかと考えます。

家庭生活において、経済的の余裕のなさが、一部の親が育児ストレスを生み、虐待やネグレストに向かわせる最大の要因ではないでしょうか。

もちろん、経済的要因だけでなく、核家族化が進み、育児について相談できる人がいないというのもあります。昔は、3世代同居は当たり前で、親が育児に悩んでいたらその親に相談する。また、近所の人全体で子供を見守るなんていう風潮がありましたが、今はそんな風潮はなくなりつつあります。

現在はお母さんに子育てにかかる負荷がますます重くなっています。

また「しつけ」と称してネグレクトや虐待が行われることもあるそうです。

これも、子供への接し方が分からず、育児によるストレスや正しい子育てを学ぶ機会のないまま、誤った認識の元、行われるのです。こんな親を持った子供はかわいそうです。

ネグレクトや虐待が子供に与える精神的・身体的悪影響について

ネグレストや虐待を受けた子供が成長すると、不安障害や感情のコントロールが効かない大人になってしまう恐れがあります。

知的発達の遅れやいわゆる人格障害や発達障害の原因にもなります。(発達障害は遺伝による先天的なものだけでなく、成育段階で親から愛情を注がれなかった場合にも発症するリスクがあります。)

虐待を受けて育った子供は必要以上に人を恐れ、人とかかわらなくなる自閉傾向がみられるようになり、ネグレストで育った子供が成長すると、自分に自信がなかったり、破壊行動をするようになったり、食べ物をねだったり、物を盗んだりするようになったりします。

幼少期の親の愛情不足が将来の犯罪予備軍になるのです。

入院中の子供をさらに虐待するひどい事例

また、7月21日のNHKニュース9で放送されていましたが、入院中の我が子に虐待しているケースがあります。

入院中に付き添いの親から虐待を受けていた子供が最新の調査で少なくとも65人にも上るそうです

普段の生活で子供に虐待やネグレストをして、子供を入院させたのにも関わらず、入院後もさらに虐待するなんてひどすぎます。このような行為をする親は以下の精神障害の疑いがあるそうです。

代理ミュンヒハウゼン症候群

「熱心に看病しているように装い、褒めてもらいたい」

代理ミュンヒハウゼン症候群なんて初めて聞きましたが、この障害を要約すると以下の通りになります。

  • 自分に周囲の関心を集めたい
  • 周囲の関心を集めるためにリストカットなどの自傷行為に及ぶ
  • 「かわいそうな私」を演じる
  • 自傷行為自体は目的ではなく、「注目されたい」という目標のための手段である
  • 今回の入院中の子供への虐待は、自傷行為の対象が自分自身ではなく、我が子だった

周囲からの関心を自分に集めたいために、その手段として自傷行為に及ぶのを、ミュンヒハウゼン症候群というのだそうですが、障害行為の対象が自分自身ではなく代理として我が子だったり、高齢者だったり、障害者だったり自分より立場の弱い者に向けられるが「代理ミュンヒハウゼン症候群」です。虚偽性障害に分類されより悪質なものです

虚偽性障害(きょぎせいしょうがい、英: Factitious disorder)は、意識的かつ意図的に病状などについて虚偽を並べ立てる精神障害の一種である。患者は、徴候や症状のふりや誇張、あるいは悪化を訴え病人の役割を引き受けることで満足感を得る。徴候、症状は身体的、精神的なものの両方がある。その最も重症なタイプはミュンヒハウゼン症候群である[1]。詐病には、金銭などもっと了解可能な利益に関する動機がある。近来治療の対象とみなされるようになった。

陰では虐待していながら、医者や看護婦の前では一生懸命看病しているように「演技」するんですって。そして、陰で虐待しているから子供は当然体調が悪くなりますが、「こんなに一生懸命看病しているのに全然よくならない、かわいそうな私たち親子」ってアピールするんですって。

このせいで子供が死亡したケースもあります。

1998年(平成10年)、福岡県久留米市で、1歳半の女児が20代前半の母親から抗てんかん剤を飲まされた。嘔吐や下痢、痙攣(けいれん)などの症状で入院するが、1週間ほどで回復し退院。ところが1ヶ月後に救急車で病院に運び込まれた。女児は意識障害を起こしていて揺さぶっても目を開けず、「発作が起きる」という母親の訴えで、抗てんかん剤を少量投与すると、いきなり血中濃度が高まり、中毒状態に陥った。同じ薬を大量に飲まされていた可能性が高かった。病院が調べると、母親が自分の神経痛で、二つの病院からその薬を処方されていた事が判明。女児は他に、水を1日2リットル以上も飲まされていて、水中毒による低ナトリウム血症を起こしていた。担当の医師は「うちの子、難しい病気なんでしょう?と繰り返し聞いてくる。よくいる心配性なお母さんという感じだった。時には母親を疑ってみる姿勢がないと、不必要に採血したり、子供を傷つけてしまうと反省した」とコメントした[2]。

ウイキペディアより抜粋

なんだかものすごく質が悪いですね。こんな親がいる子供が気の毒で仕方がないです。

まとめ

私は独身で、子供はいませんが、子供が好きです。なんといっても可愛いですし。

もし子供が出来たらいくら貧乏でお金がないからと言っても、子供に愛情を注ぎたいと思います。でもいざ実際に子供が出来たら、そんな余裕はなくなるかもしれません。

でも、子供が小さい時に親から受ける愛情がなによりの薬だと思います。

そもそも、子供は将来への宝物。大事な存在です。その可愛い子供を虐待しなればならないのか?
本来の親がみんな責任をもって我が子を育てればこんな問題は起きないのに・・・・・・・

スポンサードリンク