発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法 | よりよく生きるためにADHDと上手に付き合い幸せになる方法

発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法

こんにちは ADHDのダイスケです。

発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法

私は整理整頓が苦手で、私の身の回りはいつもぐちゃぐちゃです。私の部屋は汚部屋というほどではないのですが。ものが散らかってます。

現在、特例子会社で働いていますが、会社勤めをしていると会社からいろいろな書類を配られます。仕事のマニュアルだったり、勤務シフト表だったり。それらをファイルなどに整理することなくそのままにしてしまいます。

服は脱ぎ散らかすし、いろいろな書類や本が私の部屋の机の上に溢れかえっています。油断するとどこに何があるのか分からなくなります。どうしてこうなるのでしょうか?

こんな調子だから、結婚していた時も、元妻からさんざん怒られていましたし、離婚して実家に戻っても、母親から以下のように毎日のように怒られています。

発達障害について知識のない彼女らにしてみれば、私はただのだらしのない奴としか映らないと思います。

発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法

ちゃんと部屋を掃除しなさいよ

だらしがない

発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法

うるせーな、わかってるよ。ちゃんとものを整理して片付けるよ

しかし、頭ではわかっていても、何度怒られても部屋が汚い状態は一向になおらない。

発達障害当事者の私は身の回りがいつもぐちゃぐちゃ その理由と対処法

なぜ、発達障害ADHDがある私は整理整頓が苦手なのでしょうか?私だけではなく私と同じように悩んでいる方が多いと思います。この記事では、そんな整理整頓が苦手な方に、その原因と対処方法について書いていきたいと思います。

発達障害があるとやりたい事に対して一目散!ものを片付けたり整理するのは優先順位が低い どうでもいい

下の画像は私の現在の部屋を映したものです。ズボンは床に脱いだままですし、シャツやジャンバーはハンガーにかけずにハンガーラックに無造作にひっかけたままです。

今は冬の始まり。日に日に寒くなっています。仕事が終わり寒い屋外から家に帰ってくるとします。家に着いたらあったかいお風呂が待っています。お風呂に少しでも早く入りたいため服を脱ぎ散らかし、一目散に風呂を目指します。風呂に入りたいという気持ちが強すぎるため、脱いだ服をきちんとハンガーにつるしてなんてまどろっこしいことはしません。出来ません。

普通の人ならきちんとやるでしょうが、発達障害がある私からしてみれば逆になんできちんとできるのかと不思議なんです。

脱いだ服を脱ぎ散らかずにきちんとハンガーに吊るすのは、やろうと思えばできますが、こんな事あとでやろうと思い、後回しにししてしまう。そしていつまでもやらない。

かばんの中もぐちゃぐちゃです。そのかばんとはいつも仕事に使うものです。

普通の人なら前日にあらかじめかばんの中身をチェックして、持っていくものを揃えてきちんと整理してかばんの中にしまう。身分証明書や家の鍵などはかばんの中にあるファスナーがついている袋の中に入れたりしますが、私の場合、前日はこのブログの記事を書くなど自分の好きな事に没頭してしまい、かばんの中身の前日準備をしないまま疲れて寝てしまう。そして会社に行く日の朝になって慌てて準備をしたりする。

しかも、最近は寒いから出勤時間ギリギリになってもなかなか起きれず、時間がないし早く会社に行かなきゃと焦って慌てているから中身をぐちゃぐちゃのまま家を出たりしてしまいます。

ですから、かばんの中に何を入れたか覚えていないのです。そんな調子ですから、外出先や仕事先でサイフを忘れたのを気付く時もあるし、最近は、母親が朝早く起きて作ってくれた弁当を忘れました。

かばんの中がぐちゃぐちゃだから、私はタバコを吸いますが、受動喫煙対策で煙の出ない加熱式のアイコスを使っていますが、外出する時はかばんの中にしまってます。かばんの中がぐちゃぐちゃだからアイコスがかばんのどこにあるのか分からず、いつもかばんの中を探したりしています。それで5分くらいの時間をロスします。

忘れ物・失くしものが異常に多い

そんな調子だから私は忘れ物やなくし物が異常に多いです。

物をなにげなくどこかに置くか、置く時に何か別の事を考えていたりしてどこに置いたかサッパリ覚えていないのです。
なくし物も同じです。運転免許証なんか6回も失くしていますし、携帯電話もしょっちゅう失くします。

原因として考えられるのは、整理整頓が苦手で、今使ったばっかりの物を、無意識のうちにどこかにおいてしまい、どこに置いたか忘れてしまい、置いた場所が分からないのです。ですから、それが家の中だったらそれがあるはずなのですが「失くした」といって大騒ぎします。それで、それをいつも探します。その探している時間が非常にもったいないを思うのですが、ADHDのある人の日常光景です。

原因

このように、私が片づけが出来ない。苦手。やろうと思えば出来るが後回しにしてしまうのは、発達障害ADHDの特性ではないかと思います。

私は、発達障害の一つであるADHD【注意欠如・多動性障害】です。
私はじっとしていられない「多動性」、興味関心のないものに対して集中できず注意力散漫になる「不注意」、逆に興味関心のあることに対してのめりこむ「過集中」、思いついたらすぐに行動する「衝動性」、たった5分前のことも忘れる「記憶障害」などの特性があります

普通の人と頭の中が違う

ADHDがある人は脳に入ってきた情報を認識し、状況に応じた的確な反応や行動を指示したり、注意や感情、行動をうまくコントロールする前頭前野という脳の部位の血流量が普通の人よりも少ないのです。

また、普通の人と比べワーキングメモリと呼ばれる記憶を一時的に保持する作業記憶能力が弱いため忘れっぽくなったりします。

整理整頓が苦手で片付けたり掃除したりするのがいつも後回しになってしまうのは、不注意、衝動性、過集中、記憶障害というADHDの特性の全てが合わさった結果だと思うのです。

失くしものや忘れ物が多いというのは、ワーキングメモリがうまく働いていない事の表れなんでしょうね。

対処方法

私は幼いころから母親に整理整頓が出来ない事に対して怒鳴られていました。片づけの出来ない発達障害の子を持つ親御さんは、決して怒鳴ったりしてはいけません。本人は片付けたくてもそのやり方が分からないのです。親が押さえつけたりすると、本人はますます自信をなくしてしまい、余計ひどくなるでしょう。

あと本人でも出来る対処法をいくつか考えました。私もいくつか実践しているものがあります。

  1. 断捨離
  2. 身の回りが整理整頓出来ずにいつもぐちゃぐちゃになってしまう人は、要るものと要らないものを区別して、要らないものは思い切って捨ててしまうのがいいと思います。これを「断捨離」といいます。

    しかし、自閉症スペクトラム障害、いわゆる高機能自閉症の方は、モノへのこだわりが強くなかなか物を捨てられない方が多いと思います。モノに対する執着心が高いのです。そのような特性があっても、モノへの執着心を絶たないとなかなか捨てられないと思いますが、思い切って捨ててみる事も大事だと思います。そうしないと要らないものばかりどんどん増えていきます。

    『断』 : これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)

    『捨』 : いま持っている必要ないものを捨てる

    『離』 : 物へ執着することから離れる(物欲をなくす)

    私の断捨離の方法ですが、普段は出来ないので、月一回ほど、大きいゴミ袋を用意し、たまった不要な書類とか読まなくなった本をまとめてごみ袋に捨てていきます。

    この作業は身の回りがスッキリするのでやり始めると意外に楽しく、お勧めです。

  3. 定物・定物管理
  4. 定物・定位置管理とはモノの置き場所を決め、使い終わったら必ずそこに戻すという習慣をつけてモノを管理することです。

    私はよほど強く意識していないと、なかなかこの定物・定位置管理ができませんが、モノを片付けるという強い意志の力でこれを習慣化していきたいと思います。

    続いて忘れ物・失くしものを防ぐ自己対策です。

  5. 失くして困るようなものは極力持ち歩かない
  6. 私は極力、なくしては困るようなものは持ち歩きません。例えば運転免許証、健康保険証、銀行のキャッシュカードなどです。

    こういう大事な物でも、どこかで失くしてしまうだろうという恐れがあります、なので、持ち歩かずに家に置いておきます。運転免許証については現在は車を運転する事はありませんし、職場と家の往復の毎日なので身分証明を求められる事もありません。健康保険証についてもとりあえず健康なので医者にかかるときだけ持ち歩き、普段の時は家に置いておきます。このようにして大事な物をなくす機会を少なくしています。

まとめ

私がこのブログの記事を書くにあたって参考にしている本「図解 よくわかる大人のADHD」によると、こう書かれています。

片付けの手伝いを頼める人がいなかったり、片付ける時間もないという人には、家事代行サービスや整理整頓サービスを利用することをお勧めいたします。整理整頓が不得意なADHDの人の場合、相当な時間と労力をかけなければ片付けは出来ませんが、プロの清掃業者なら、要領よく、しかも完璧に片づけてくれます。相応の報酬を支払わなければなりませんが、自分で片付けられない労力と時間を思えば「金銭には換えられない」と感じる人も少なくないはずです。

それはそうだと思うのですが、念のために家事代行サービスの料金を調べてみました。

下の表はある家事代行サービスの料金表です。

毎週ご利用の場合(月4回時)
時間 1時間単価 1回単価 税・移動費込 月額 税・移動費込
2時間 3,300円 6,600円 8,208円 26,400円 32,832円
3時間 3,000円 9,000円 10,800円 36,000円 43,200円
4時間 3,000円 12,000円 14,040円 48,000円 56,160円

決して安いとは言えませんね。月4回来てもらって32,832円~56,160円ですよ。私なんか特例子会社でもらう安い給料の半分ぐらいそれで吹っ飛んでしまいます。

発達障害を抱えている人は決して経済的に恵まれているわけではなく、むしろ困窮している人が多いと思います。仕事に就けるだけでも大変。もし仕事に就けたとしても、障害者枠や特例子会社などに就職してで限定された業務についています。その待遇は健常者がもらうよりも著しく低いものです。

中には特性を活かして専門職に就き、高収入を得られている方もいらっしゃるとは思いますが・・・

発達障害のある方で整理整頓や掃除が苦手だという人は、なるべく自分でやるようにしないと経済的にもきついと思います。

整理整頓の楽しさに目覚めれば、それにのめり込んでいくのも発達障害の特性だろうと思います。(私は今のところその域に達していませんが・・・)

参考サイト
整理整頓が苦手な子どもがいるお母様へ