発達障害ADHDの私がストラテラを飲み忘れるとどうなるか?

ストラテラを飲み忘れるとたちまち障害者 ADHDの僕がストラテラを飲み忘れない方法を考える。

ADHDの私がストラテラを飲み忘れるとどうなるか?

発達障害ADHDの私がストラテラを飲み忘れるとどうなるか?

こんにちは ADHDのダイスケです。

発達障害ADHDの私がストラテラを飲み忘れるとどうなるか?

私は、発達障害の一つであるADHD【注意欠如・多動性障害】と診断されている。

発達障害ADHDと診断されたのは2014年7月の事で、それ以来、ADHDの治療のために通っている心療内科でADHDの治療薬とされるストラテラを処方され毎日服用している。

そのストラテラは、毎朝必ず2~3錠服用する事になっているのだが、ごくたまにうっかり服用するのを忘れる事がある。

このように、ストラテラを飲み忘れたとき、ADHDである私の身に何が起こるのかをこの記事で書いてみようと思う。

ADHDがあると、対策を打たないと不幸な人生が待っている。

ADHDにある特徴的な症状は多動と不注意である。

なぜ、あんなに慌ててしまうのか?焦ってしまうのか?落ち着きがないのか?

よくわかる人によく確認もしないで、自分勝手に進めてしまう。先を急ぎ、結果だけを求めるのだから、途中でやらなればならない重要な事が抜け漏れててしまう。

ADHDじゃない普通の人から見れば、ADHDのある私の言動はが明らかにおかしい。

こんな人間を雇う会社からしてみれば、いつも焦って慌てて落ち着きがなくミスばかりするような奴に仕事を任せる事など出来ない。会社に嫌われ、解雇を余儀なくされる。

プライベートでの人間関係でも、呆れられてやがて周りから人が去っていく。

というわけで、私はどの会社に行っても仕事が長続きせず、すぐに解雇され、転職歴は10回もある。結婚していたが、嫁や同居していた義理の両親からも嫌われ、ADHDと診断され離婚を余儀なくされた。

離婚後は、就労移行支援事業所で職業訓練を受け、今の特例子会社に就職して、何とか食いつないでいるが、一般企業に比べて、給料などの待遇面で著しく劣っている。

今のままの給料なら、結婚してごく普通の幸せな家庭を築くことも困難だ。今の夢はだれか好きな人ができて家庭を築くことだ。このままでは親もいなくなり、孤独ののまま老後を迎え、孤独死を迎える。

ADHDの症状を軽減して、普通の人(健常者)に近づけるような何らかの手を打たないと、本当にまずい。

いわゆる健常者の人がハードワークかもしれないが、高い給料を貰い、幸せな結婚生活を送っている人を見ると羨ましくて仕方がない。(現在は格差社会であり、健常者にも拘らず就労の機会に恵まれなかったり、非正規雇用を余儀なくされ、貧困を余儀なくされている人も大勢いるが・・・・)

関連記事

発達障害ADHDの私がストラテラを飲み忘れるとどうなるか? 発達障害者の人生の末路 対策を打たないと最悪の人生に!そうなる前に対策を!

私のADHDの症状

その前に、ADHDの症状は人それぞれであるが、私の症状について書いてみたいと思う。

私はじっとしていられない「多動性」、興味関心のないものに対して集中できず注意力散漫になる「不注意」、逆に興味関心のあることに対してのめりこむ「過集中」、思いついたらすぐに行動する「衝動性」、たった5分前のことも忘れる「記憶障害」などの特性がある。

ADHDとは

Attention Defficit Hyperactivity Disorder

の略で【注意欠如・多動性障害】と訳される。

私のようにADHDのある人の「不注意」とは決して気を抜いたり、怠けたりする事で起こるものではない。むしろ、本人が気を抜かないようにしよう、注意しようと強く心がけているにも関わらず、自分の注意力を自分でうまくコントロールできないのである。

要するに我慢が出来ないのである。

私のADHDによる特性っていうか症状を表にしてみた。

             

障害特性
不注意 仕事の指示を聞いていない
同時に複数の作業ができない
ケアレスミスが多い
とにかく管理が苦手で忘れ物が多い
金銭管理が苦手
お金を計画的に使えない
書類や帳簿の管理が苦手
やる気が無い、怠け者などと思われやすい
自己評価が低くなって二次障害を招きやすい
整理整頓が苦手で部屋や仕事の自分のスペースが片付けられない
衝動性 後先を考えない
とにかくせっかちで思いつきで決断・行動する
相手の気持ちを考える間もなく発言してしまう
相手を傷つけやすい
お金の状況を考えずに衝動買いしてしまう
怒りが抑制できず、感情的になってしまう
             
整理整頓が苦手で部屋や仕事の自分のスペースが片付けられない

怪我や事故が多い

多動性(1) そわそわしている
じっと座っていない
貧乏ゆすりをする
早口でずっとしゃべる
ストレス耐性が低い
多動性(2) 仕事を先延ばしにして溜め込む
同時に色々やろうとして終わらない
飽きっぽく仕事中でも他のことが気になる
興味関心がある、面白い、やりやすい仕事を先にやってしまう

ADHDの治療 ADHDの症状を緩和するストラテラ コンサータ

ADHDの症状を軽減して、普通の人(健常者)に近づけるような何らかの手を打たないと、本当にまずい。

この何らかの手を打つ一つの手段が薬物療法である。ADHDの場合、衝動性や不注意、多動性を抑える治療薬というものが存在する。それがストラテラコンサータである。

しかし、ADHDの特性を少しでも緩和するには、この薬物療法が有効である。

ストラテラやコンサータは風邪薬のようなものである。

風邪をひくと、熱が出たり、鼻水が出たり、くしゃみが出たり、体がだるくなったり、体の節々が痛くなったりするが、ゆっくりと安静にする事によって症状は軽くなり、やがて風邪は完治する。これは、暖かい布団で寝て安静にしていることによって発熱させ、風邪のウイルスを体の免疫システムによって撃退しているのである。

その際、風邪薬を使用する事があるが、これは、風邪によ諸症状をあくまでも緩和させるだけに過ぎない。本当の意味での風邪の治療は安静にする事である。

これに対してADHDをはじめとする発達障害は、生まれつきの脳機能の障害で、前頭前野と呼ばれる行動や注意力を司る部位の働きが弱かったり、ドーパミンやノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質の働きが弱かったりするために、ワーキングメモリという記憶を一時的に保存していく機能が弱かったり、自分の言いたい事がうまく伝えられない事がある。

ADHDは、うまれつきの脳機能障害である。

そのため、かぜのように安静にしたりすることで治ることはもちろんなく、ましてデリケートな脳の中を手術によって外科的に治療する事もできない。

あくまで、風邪薬のようにその症状を緩和するだけである。

コンサータとストラテラ 作用のしくみ

ストラテラとコンサータはいったい、どのように作用するのであろうか?

ストラテラは、一般名をアトモキセチン塩酸塩、コンサータは一般名をメチルフェニデート塩酸塩という。

コンサータは脳の中枢神経に直接作用する。

コンサータは神経伝達物質のドーパミンを活性化させる作用があり、また、神経細胞から放出されたドーパミンが過剰に再取り込みされるのを防ぐ働きがある。

これにより、ドーパミンによる神経伝達がスムーズに行われるようになる。その結果、自己コントロールが効くようになる。

ADHDの治療薬であるストラテラとコンサータの効果と副作用などについて表にまとめてみた。

名称 コンサータ ストラテラ
薬の種類 中枢神経刺激薬 非中枢神経刺激薬
作用する神経伝達物質 ドーパミン ノルアドレナリン
効果の発現時期 投与直後 投与開始から2週間、安定した効果を得られるまでに6~8週間
効果の持続時間 12時間 薬効が途切れることなく持続する
服薬回数 1日1回 1日2回
副作用 中程度 弱い
処方制限 なし なし
処方条件 承認を受けた医師のみ処方できる どの医師でも処方できる

ストラテラを飲み忘れたらどうなるのか?

私は、発達障害ADHDと診断されてから、毎日欠かさずストラテラを服用しているが、ごくたまに飲み忘れる事がある。

飲み忘れたときは、なんとなく分かる。なんとなく自分自身が落ち着かないのだ。

そわそわして浮遊感がある。

仕事をしていても、上司から言われたことを頭に止めておくことが出来ずに、すぐに忘れてしまう。メモを取ればいいのだが、メモを取ることすら忘れてしまう。

仕事をしていても、ADHDの衝動性なのか。すぐに結果を出したい。同僚や上司から良い評価を得たいという気持ちが強すぎのか、なぜか知らないが焦ってしまう。そして、慌ててしまう。仕事にはいろいろと手順があるが、その手順を忘れてしまって、ミスばかりしてしまう。

仕事が終わって、家に帰って来ても、落ち着きのなさは引き続く。

それを一番感じるのが、夜寝るときである。ストラテラを飲み忘れた晩はなかなか眠れない。なんだか、頭の底からへんなノイズが聞こえてくる。

ストラテラをきちんとのんでおけばそんなことはない。やはり、ADHDのある私にとってストラテラはなくてはならない薬である。

ストラテラがないと、まともな生活できない。ストラテラを飲み忘れたときは、改めて自分は障害者なんだと痛感するのである。

ストラテラは高い。

販売名 欧文商標名 製造会社 薬価 規制区分
ストラテラカプセル5mg Strattera 日本イーライリリー 272.5円/カプセル 劇薬 , 処方箋医薬品
ストラテラカプセル10mg Strattera 日本イーライリリー 324.7円/カプセル 劇薬 , 処方箋医薬品
ストラテラカプセル25mg Strattera 日本イーライリリー 409.5円/カプセル 劇薬 , 処方箋医薬品
ストラテラカプセル40mg Strattera 日本イーライリリー 461.2円/カプセル 劇薬 , 処方箋医薬品

ストラテラは高い。ADHDと診断されてからストラテラを服用するようになったのだが、1カプセルにつき462円もする。私は毎月28日分もらうのだが、一回につき2錠(80mg)の服用なので、1カ月で2×28で56錠になる。462円×56錠=25872円。三割負担なので7761円になる。

これではあまりにも高い。しばらくして、自立支援医療制度というものがあるのを知り、これを利用すると1割負担になる。

自立支援医療を利用すると、56錠×462円×0.1=2587円になる。これで随分と負担が軽くなった。

しかし、ADHDを抱えている人は、ADHDによる障害特性だけでなく、うつ病やなにかの依存症などの2次障害に悩まされている人が多い。就労する機会に恵まれないか、就労できたとしても著しく給与など待遇面で劣り、経済的に厳しい生活を強いられている人が多い。

こういう人にとってはADHDの治療薬代への捻出は実に厳しい。自立支援医療を利用しても高いと感じると思う。

せめて、精神障害者手帳を取得している人は、ストラテラやコンサータの薬代は無料にしてもらいたい。

ストラテラを飲み忘れないようにするためには

ADHDのある人は忘れっぽいので、飲み忘れに注意しなければならない。

自分一人だけではどうしても忘れてしまう事があるので、結婚している人はパートナーに、そうでなく私のように親と同居している人は、親に薬の飲み忘れがないかチェックしてもらうといいと思う。

恥ずかしい話だが、私は47歳にして独身で、(離婚経験あり)親と同居している。ストラテラの管理がうまくできないし、一人だと飲み忘れない自信がないので、親に管理してもらっている。

また、1日毎に小分けするピルケースなどを活用するのもいいと思う。ピルケースを活用すれば、飲み忘れがあったかどうかすぐにわかるようになる。

まとめ

日本という社会は人それぞれの個性があまり重視されない。したがって発達障害者はとても生きにくい。

発達障害者であっても、あくまで健常者のようにしていかないとこの日本という国では取り残される。ストラテラやコンサータといったADHDの治療薬は、健常者のようにふるまえるようにする一種のツールである。

発達障害の症状に悩む人の苦しみを永久に解放させてくれる万能薬ではない。もたらされる効果は一時的な症状の削減である。飲んだからと言って普通の人になれるわけでもない。したがって、飲み忘れないように毎日服用し続けるしかない。

また、服薬治療と合わせて、認知行動療法環境調整法を行う必要がある。

そうまでして初めて、ADHDの人は、普通の人と同じように行動できるようになる。ADHDのある人は、普通の人と違って苦労が多いのだ。

私がこのブログを書く時に参考にしている本「図解 よくわかるおとなのADHD ナツメ社」には、ストラテラには依存性や中毒性はなく、比較的安全な薬であると書かれているが、成分はかなりの劇薬である。

症状が安定してきたら、少しは減薬、あるいは服薬を止めた方がいいのだろうか?

関連外部サイト

ストラテラカプセル10mgの基本情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このブログのトップページ

コメント

  1. さぶ より:

    一般的な解説は聞いても意味がない。
    ご自身の内面の状況をもっと具体的に、つぶさに表現してもらわないと、本当の辛さやしんどさはほとんど伝わって来ない。
    「メモを取ることすら忘れてしまう」って、上司に言われたとき、何故メモを取り忘れるのか状況がわからない。メモを持ってないのか、言われたら動転してしまうのか、逃げてしまうのか、上司に前もって事情を話してないのか……

    神経伝達物質の機能も、あくまでも仮説で、きっちりと証明された事実ではない。
    医者や製薬会社が儲けるための方便や営業トークの領域も多い。

    もっと自分の底力を信じて、自分本来が持つ自助能力や自浄能力を高める方法を見つけ出す試みはないのだろうか?
    歳取って、薬の影響で、若年痴ほう症でも出てきても、誰も責任は取ってくれない。
    薬の能書きは専門家に任せて、本人はいかに薬を飲まずに、症状を出さないよう出来るか、工夫や意識の発見に目を向けたほうがいいのではと思う。

  2. 立松 より:

    いつも理論的文書ご苦労様です。

    まとめとして
    “日本という社会は人それぞれの個性があまり重視されない。したがって発達障害者はとても生きにくい。”であるならば、
    “政治的に環境改善して行こう。”又は
    “外国で働こう。”
    などが結論と思われますが、
    ダイスケさんに限らず、この結論に向けて
    どうしようと述べる内容が全く見かけ無い現状です。

     それは、なぜでしょうか。 よろしかったら御回答お願い致します。

    • adhd1134 より:

      コメントありがとうございます。
      発達障害者が、個性を発揮できるような生きやすいような社会にしていきたいと思いは強いですが、政治的な環境改善を求めるにしても、我々の声は無視されています。政治家は己の保身しか考えていません。
      我々発達障害者の自助努力で改善して行くしかないのです。
      外国で働こうといっても、現実的には難しいです。
      私は少なくても、政治などには頼ろうとは思いません。

      • 立松 より:

        adhd1134 ダイスケさん  お気持ちは、とても良く分かります。政治家 確かに怪しい人が多いですし、真面目で忙しい会社員など一般的な人は、実質立候補が無理な仕組みです。 しかし、発達障がい者支援法などは、自閉症協会が超党派の議員へ政治的に働きかけた結果、施行されたそうです。“我々の声は無視されている”の部分、私は間違いだと思います。来月から、大人当事者会に対し初の支援が始まりますから、一部活動家らの声が届き、苦労が実ったと言えます。 ◆昨年の厚労省調査結果を見ると、支援センターですら大人当事者会を親の会と勘違いしているなど、専門家達ですら(組織的な)声どころか存在すら知らない事が分かりました。  …声が届かない理由として、昔ながらの自閉症の会以外、歴史と信頼ある、しっかりした組織が少ない事や、匿名文化が強い為か、専門家などから むしろ私達の方が政治家のように怪しいと思われている傾向も感じます。

  3. 立松 より:

    外国で働く事自体は、昔と違い、立候補同様、実は誰でも出来るようです。 アメリカには英会話出来ない中国人なども沢山居るとか。 ただし成功するか否かが問題で そこが肝心ですが、試したら成功する人も多いはずですよ。 ご無礼ながら特性があると、思い込みが強くなってしまうようです。