発達障害の就職問題一覧

発達障碍者を障害者枠で限定した業務に縛り付けるな 差別ではないのか?

「障害者」として今の特例子会社に入社して1年が経ちました。 いわゆる障害者枠です。1年間障害者枠で働いてきた率直な感想を記事に書きたいと思います。 障害者枠ではどのような仕事をしているのか?私のような発達障害者が働くには適したところなのか。 実際に障害者枠で働いた者が書くレポートです。 障害を持つ方で、これからの仕事選びの参考にして頂けた幸いです。

障害者就労支援の地域格差 特例子会社について

特例子会社における障害者福祉の地域格差 地域による格差をなくしたい。 私は障害がある人でも安心して就労できる特例子会社に勤めておりますが、このブログを読んで頂いている方から、「自分の住んでいる地方には特例子会社なんてありません。聴いたこともありません」といった意見がありました。 そこで、特例子会社など障害者の就労に関する福祉・支援に地方による格差があるかどうか調べてみました。 障害者への就労支援や福祉に関する地方格差の現実や格差をなくすためにはどうしたらよいか?特例子会社の普及を目指したいと思い記事をまとめてみました。

知的・精神・発達障害者を戦力として生かす特例子会社と労働者を飼い殺しにする一般企業

知的・精神・発達障害者を戦力として生かす特例子会社 特例子会社は発達、精神,知的障害を抱える人にとっては、働きやすいといわれていますが、実際に特例子会社で働いてそれを実感しています。特例子会社で働く前に一般企業で働いていますが、企業理念や社員の育成に対する考えに明確な違いがあります。その違いをまとめてみました。

ADHDに向いている職業とは?これまでしてきた職業やバイトから考える

ADHDに向いている職業とは?これまでしてきた職業やバイトから考える いろいろな職業を経験してきたこれまでの職業人生でADHDにとって何が適職か否かが体感的に分かるようになってきました。わたしの経験測ですがこれから職業を選ぼうとお考えの方 ご参考にして下さいね。

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく?

発達障害がある人はメモ魔になれば仕事も人間関係もうまくいく? 発達障害がある人は仕事の段取りがうまくいかず、次に何をしていいかわからなく時があります。そんなときは、「メモ魔」になればいいのです。仕事の指示は口頭で行われることが多いです。よほど親切な上司でない限り。その指示を忘れないようにメモを活用しましょう。