「 ADHDの健康管理 」一覧

薬に頼らず発達障害の症状を軽減して社会復帰する方法を考える

薬に頼らず発達障害の症状を軽減して社会復帰する方法を考える

以前にADHDの治療薬にはどんな作用があり、きちんと服用した場合としなかった場合にどんな違いがあるかという内容の記事を投稿しましたが、いろいろな方から反響がありました。 ADHDの治療薬とされるストラテラやコンサータには副作用があり、服用するとかえって副作用に苦しむ人がいるという事を知りました。 独りよがりの記事だったのかもしれません。 そこで今回は、無理して薬を飲まなくても、発達障害のある人が社会性を取り戻して社会復帰する方法があります。 いわゆる「認知行動療法」「ソーシャルスキルトレーニング」です。 私も発達障害が発覚後、職業訓練で「認知行動療法」「ソーシャルスキルトレーニング」をみっちり受けて、今、自信をもって企業で仕事をしています。 今回の記事は「認知行動療法」「ソーシャルスキルトレーニング」について自分の経験を踏まえて書きました。

発達障害は障害なのか?個性なのか?自己肯定感を強くして自分の強みに変える方法

発達障害は障害なのか?個性なのか?自己肯定感を強くして自分の強みに変える方法

発達障害は障害なのか?自分の個性や強みにする方法 「発達障害があると、どうしても成功体験に乏しく、自信喪失になってしまいがち。」とブログで書いたら「それは違う。発達障害がある人全てが成功体験に乏しいわけではない。個性や強みにしている人がいる」と反論されました。確かにその通りです。 この記事では発達障害を抱える人がどうすればその特性を自分の強みや個性に変える事が出来るのか、私の経験をもとにまとめてみました。

孤独になりがちな発達障害 孤独を楽しめるのか検証した結果

孤独になりがちな発達障害 孤独を楽しめるのか検証した結果

発達障害があると孤独になりやすいと思います。空気が読めなかったり、会話においても独りよがりだったりして次第に友達が離れていきます。 (私の場合)そこで、どうせ孤独なら孤独を楽しむにはどうしたらよいかを考え実行しました。 今回は、かねてから行きたいと思っていて寄席に1人で行ってきましたので、その感想です。

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?当事者の立場から考える

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか?当事者の立場から考える

発達障害の人は親や周りの人からどう接してほしいのか? 私は幼いころよく親に怒られ、怒鳴られたりもしました。しかし、このような親の対応は果たして発達障害のある子にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 発達障害のある子にとって親がどうのように接してほしいのか、発達障害の当事者として考えたいと思います。

ADHDにとって何か調べものをしたり勉強したりするのは図書館が最高!図書館利用のすすめ

ADHDにとって何か調べものをしたり勉強したりするのは図書館が最高!図書館利用のすすめ

ADHDにとって何か調べものをしたり勉強したりするのは図書館が最高! あれほど好きだったパチンコを止めて土日は1日図書館で過ごしてもいいかなと思います。ADHDにとって図書館はどんなところか、利用することによってどんなメリットがあるかまとめてみました。

発達障害者の人生の末路 対策を打たないと最悪の人生に!そうなる前に対策を!

発達障害者の人生の末路 対策を打たないと最悪の人生に!そうなる前に対策を!

発達障害者の人生の末路 対策を打たないと最悪の人生に! 発達障害を認識せず、そのまま放置していると、無職や離婚、ひきこもりなど、最悪の人生をもたらします。そうなる前に、発達障害を持つ者が何らかのの手を打てば、最悪の人生は回避できます。私の体験を元にまとめてみました。